花柳典幸 Website 【花柳流 日本舞踊】時雨西行

時雨西行

西行法師は、もとは御所の警護にあたる北面の武士でしたが、世をはかなんで出家し諸国行脚の旅に出ました。そんなある日、大坂、淀川べりにある江口の里で雨に降り込められ、泊めてもらった家の遊女と身の上を語り合ううち、目を閉じてみると不思議や遊女が普賢菩薩と身を変じて、白象に打ちまたがり空の彼方に消えていったという物語です。
品のよい艶やかさと崇高な力強い作曲が入り交じった二代目杵屋勝五郎の傑作です。

写真をクリックすると拡大されます。

時雨西行_0001.jpg時雨西行_0002.jpg時雨西行_0003.jpg
時雨西行_0004.jpg

ふたば会リンク.tiffふたば会リンク.tiff

舞踊リンク.png舞踊リンク.png

リンクバナーじゅらく.jpgリンクバナーじゅらく.jpg