花柳典幸 Website 【花柳流 日本舞踊】春慶楽

春慶楽

杵屋正邦師は、長唄の三味線方として活躍される一方、邦楽出身の作曲家として数多くの秀作を発表されました。この「春慶楽」は、万葉(柿本人麻呂)、新古今(慈円僧都)、現代短歌(斎藤茂吉)から「春」を詠み込んだ歌をそれぞれ一首ずつ選び、邦楽の古典的手法と洋楽の現代感覚とがみごとに融合した名曲で、「きわめてスケールの大きい春を謳歌した」作調にひかれて、二世花柳壽楽が昭和31年(1956)に振付けした作品です。

写真をクリックすると拡大されます。

春慶楽_0004.jpg春慶楽_0005.jpg 春慶楽_0006.jpg
春慶楽_0007.jpg 春慶楽_0008.jpg 春慶楽_0009.jpg
春慶楽_0006.jpg 春慶楽_0010.jpg 春慶楽_0011.jpg
春慶楽_0012.jpg 春慶楽_0013.jpg 春慶楽_0014.jpg
春慶楽_0015.jpg 春慶楽_0016.jpg

ふたば会リンク.tiffふたば会リンク.tiff

舞踊リンク.png舞踊リンク.png

リンクバナーじゅらく.jpgリンクバナーじゅらく.jpg